キャッシングを利用する意味

金利0とは利息が全くつかないという意味です。金利0のキャッシングを扱う金融会社が増えていますが、それでやっていけるのでしょうか。使い始めに限定して利息をつけないというケースはあるようです。とはいえ、だからといってどんな融資でも無利息ということはありません。

無利息である期間はキャッシングによって異なってきます。利用する際にはよく調べておく必要があるでしょう。借り入れ期間に制限がある無利息キャッシングならば、近日中に返済のあてがあるならば有利に利用できる可能性があります。

自分のお金でも、ATMを使って引き出す時は、手数料を払わなければならないことがあります。例えば、急に3万円が必要になり、それがたまたま週末だったなら、引き落とし手数料は105円です。もしも週明けの月曜日に返済できる目途がついているのなら、キャッシングを利用して借りて返済した方が、2日間でかかる利息は31円ほどです。

利息のつかないキャッシングができれば手数料分がまるまる浮きますし、消費者金融ATMなら手数料なしで利用できます。自分の貯金を下ろすよりもキャッシングしたほうが安くつく、ということを意味しています。

賢く計画的に使うという意味はこういうことです。キャッシングに一番大事なのは計画性だと言えるでしょう。キャッシングを利用する意味を利便性に求めず、得する方法と捕らえると上手に利用できるのではないでしょうか。

キャッシングに関する法律の意味するところ

お金を借りる時は金利にも注目したいものです。金利とは利息額がいくらになるかを意味しますが、この数字は法律である程度決まっています。キャッシングの金利の利率は、出資法という貸金業者に対して融資利息の上限を定める法律で定められています。

現在は一年間の上限金利は29.2%までとされています。つまり、一年間の契約で100万円を借りる時は、どこから借りても利息が29万2,000円以下になるということです。ただし、利息制限法という法律が存在しており、実際の融資はこの利息制限法を超えない範囲で行われています。

利息制限法で定められている利息の上限は融資額によって細かく定められています。利息制限法では15%が最大です。100万円を1年借りても、いずれの貸金業者も15万円以上の利子はつけないというものです。

出資法は29.2%であり、利息制限法は15%です。この互いに矛盾する数字のことはグレーゾーン金利といわれ、長年にわたって問題視されていました。金利を決める時は、出資法には違反しているのに利息制限法は守れているという事態もありました。

長年続いていたグレーゾーンでしたが、2010年に出資法が改正され金利20%上限になるという調整が行われました。法律が見直されることで、これまでは違反ではなかったクレーゾーン金利が違反行為扱いになったということが今回の件の意味するところです。返済時にトラブルが起きないようキャッシングと金利の意味は抑えて起きましょう。

メニューカテゴリー