学生のキャッシング

学生キャッシングを利用する人がいます。キャッシングとは、金融会社から一定の条件でお金を借りることです。キャッシング会社は、テレビやインターネットで積極的な自社の宣伝をしており、無人機などもあって利用する人が増えているようです。

かつては、正社員として安定収入がなければキャッシングは使えないものでしたが、最近のキャッシングは主婦や学生でも審査に通るというところが少なくないようです。特に学生に対しては、学生専用のクレジットカードなども数多く発行されています。

ネットからの申込み手続きもできますし、電話連絡で申込み用紙をもらってもいいでしょう。貸金法が2010年6月に改正されたために学生の融資に条件がつき、以前より借りることが困難になっています。学生がクレジットカードを所有する時には、申込み用紙に保護者同意のハンコが必要でした。

クレジットカードには10万円ほどを利用限度としたキャッシング枠があります。貸金法の改正があったため、学生が使うクレジットカードにキャッシング枠がついていても、利用上限がゼロに設定されています。考え方によっては、ごく自然な判断です。とはいえ大学生の生活は、勉強に遊びにと、お金を用意しなければいけないことがあります。

今まではキャッシングに頼っていたところでも、思うように融資が受けられないことがあります。学生がキャッシングを使う時は、安直な気持ちで融資を受けるのではなく、お金との付き合い方をきちんと学んでから節度あるキャッシングの使い方をしたいものです。

学生のキャッシングとクレジットカード

クレジットカードのキャッシング枠を使う学生がいます。大学生の中には自分用のクレジットカードを持ち、普段からよく使っているという人もいます。高校生ではないこと、18歳以上であることが、学生用のクレジットカードを作る時の金融会社の条件であるようです。

1カ月当たりのカードの利用上限金額は5万円~30万円とクレジットカードとしては少なめで、多くは25歳までが学生クレジットカードの対象となります。他の面では一般の人が持つクレジットカードとほぼ同じ設定です。少額ですが、キャッシング枠も付いていることが多く、急な出費の際に利用する学生も多いようです。

電話で依頼して申込み用紙を受け取ったり、ネットからの申込みもできます。親の指導により、キャッシングの上限を0にして、クレジットカードのキャッシング利用を封じている人もいます。これは、返済ができなくなった時に保護者に頼る学生がいることも関係しているようです。

2010年に貸金規制法が改正されたことによって、学生の持つクレジットカードは原則的にキャッシングができないという会社もあります。これまでキャッシングに頼っていた学生にとっては困った話かもしれません。カード会社がどのような審査をしたかでキャッシング枠の上限などは決まるので、一律こうとはいえません。

クレジットカード会社によっては、親の収入も審査の対象にして、学生用のカードでも何万円かのキャッシング枠を設けているところもあります。

学生のキャッシングと就職

借入の希望額が少なければ、学生でもキャッシングの審査に通ることができると言われています。申し込んだその日のうちに借り入れ可能なところもあります。アルバイトの給料が入る前にお金が必要になった時など、学生にとって手軽に借りることができるキャッシングは嬉しい存在です。

ただし気をつけてほしいのは、キャッシングの履歴です。学生でもキャッシングができる金融会社はいくつかあります。キャッシングを利用し、返済についてトラブルがあった場合、消費者金融会社によってはその履歴が残ってしまうことがあります。

就職活動に関わってくる可能性もありますので要注意です。就職先が銀行など金融関係を望んでいるという時は、学生時代にキャッシングを利用していたことが不利に働くことがあるようです。学生キャッシングの形跡によって不合格となるケースも考えられます。

お金にかかわる仕事につく場合、信用度やお金に対する考え、計画性などが重要視されます。学生の頃にキャッシングを使っていたのは、金銭感覚が発達していなかったのではないかと判断されるわけです。金融絡みの仕事についていて、客のお金をこっそり使っていたために仕事を失う人もいますので、用心したいと思うことは無理もないことでしょう。

学生の時からすでにキャッシングをしているのは、やはり印象が悪くなるのは当然の事といえます。学生時代のうちにキャッシングを使ったという事実が後で困った事態を引き起こさないよう、キャッシングは慎重に利用することが大事です。

クレジットカード会社によっては、親の収入も審査の対象にして、学生用のカードでも何万円かのキャッシング枠を設けているところもあります。

メニューカテゴリー