主婦がキャッシングする理由

最近では主婦でもできるキャッシングが関心を集めていますが、主婦はどういった状態の時にキャッシングをするのでしょう。生活するためのお金が十分でない時などは、主婦がキャッシングをします。家計を夫の給料だけで成り立たせている家庭では、何らかの理由で急に生活費が跳ね上がると財源不足に陥ることがあります。

キャッシングを活用することでうまくしのぐことができ、普段どおりの生活を続けることができます。もちろん借りたものは返さなければなりませんが、分割返済にすることで家計と折り合いがつけられます。ボーナスなどのまとまった収入があったときに残りを返済することも可能になります。

キャッシングは家計が困ったときに助けてくれます。自分自身が稼いでいないと、自分のための高価な買い物がしづらいという主婦もいます。夫の許可を得なければ買い物もできないことに気詰まり感を感じている人もいます。

キャッシングで借りたお金でショッピングをすれば、高級な商品でも買い求めることが可能です。とはいえ、借りたお金は返さなければいけませんから、借りる時点で返済の目途はつけておきましょう。キャッシングを使う時は、利息も含めて全額返すあてがあるお金であることは、確認しておきましょう。

生活費の10%以上がキャッシング返済だと、危うい状態です。深く考えずにキャッシングをすると、いずれ多重債務状態となって自分自身を苦しめます。キャッシングを活用する主婦は、返済をどのように行うかあらかじめ明確にしておく必要があるでしょう。

主婦のキャッシングの落とし穴

主婦のキャッシングの落とし穴についてです。少しでも低い金利で融資を受けたいという客側の望みに合わせて、初回限定などで金利が一切かからないキャッシングもあります。一方で、気軽に借りられることがかえってキャッシングを習慣化させてしまう危険があることを常に忘れてはいけません。

パチンコや賭け事に注ぎ込んだために足りなくなったお金の補填にキャッシングを使うという人もいます。キャッシングから融資を受ける主婦の中には、生活費の一部をギャンブルに使い込んでしまったために生活ができなくなったことがきっかけだという人もいます。

確かに小額であれば夫に気づかれずに難なく返済できるかもしれません。パチンコなどギャンブルには常習性があり、なかなか簡単にやめることができません。ギャンブルで勝ったお金で返済すれば大丈夫だろうと、先の確たる見通しを立てずにキャッシングをすると、苦しくなるばかりです。

ショッピングへの依存症が、多重債務のとば口になる人もいます。自分へのプレゼントと称して、キャッシングで高い物を購入する人などが要注意です。買い物の楽しさを求めて、新商品が出る度にキャッシングをして買ってしまう人もいますし、主婦仲間の競争意識などから身の回り品を揃えたがる方もいるようです。

キャッシングで借りたお金で、高いブランド品を集めているという主婦もいるようです。2010年6月に貸金法が改正されたことにより、自身の収入がない主婦のキャッシング利用に関する制限はきつくなりました。キャッシングで問題ごとが起きないように、主婦が融資を受ける時は前もって情報収集を行い賢く使えるようにしましょう。

主婦(女性)におすすめのキャッシング

  • プロミス レディースキャッシング

    実質年率
    4.5%~17.8%
    借入限度額
    500万円

    ・審査時間最短30分
    ・即日融資可能(※1)
    ・Web完結(※2)
    無利息期間有り(※3)
    ・「瞬フリ」サービスを使うと24時間最短10秒で振込可能(※4)
    ・月々の最低返済額が大手消費者金融の中で2000円と最も少額(※5)

    ※1 即日融資はお申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
    ※2 ご希望に添えない場合もあります。
    ※3 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    ※4 三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方であれば利用可能です。
    ※5 ※5万円借り入れをした場合


    審査お申込みはこちら


メニューカテゴリー