無職の時のキャッシング

キャッシングでお金を用意しなければならないのに、不況のあおりをくらうなどで職を失い、無職だという人は少なくないようです。仕事を探すにしても、まずはきちんとした住所がなくては就職活動ができません。職についていた時は社員寮などにいたという場合、失職することは住める場所をなくすことを意味するのです。

すぐにある程度まとまったお金が必要になります。就職活動で会社を訪れる時は、スーツを用意し身だしなみをしっかりすることは最低条件です。前につかったスーツなどがまだ使えるようなら問題ありませんが、買い替えが必要な場合は無職の身では出費もかなりの痛手です。

キャッシングサービスは、無職でも申込みはできるでしょうか。通常キャッシング会社や、消費者金融は、定職があるという事を前提にキャッシングできる事になっています。キャッシング融資は、無職の人に対しては行われないことになります。

仕事についていなければ収入のあてもないので、融資をしても返済のめどが立たない人には貸すことは困難です。ただし、アルバイトやパートで働いている人でもキャッシング融資が受けられる会社も少なくはないようです。キャッシングのやり方次第では、無職でもお金を借りることが可能です。

無職でもキャッシングする方法

無職でも、どうしてもキャッシングをしなくてはならないという時にできる方法をいくつかお教えしましょう。最もオーソドックスな方法は、何らかのパートやアルバイトの職につくことです。審査の1つに在籍確認がありますが、仕事についているという事実に偽りがないかを確認するものです。

仕事についているかを確認できれば、在籍確認は終了するようです。そのため、1カ月の短期アルバイトでも週2回程度だとしても、アルバイトはしているのでキャッシングが可能なわけです。無職でなくなる方法として派遣会社に登録をするというものもあります。

これで在籍確認も無事にこなせます。どちらの方法も不可能な理由があるか、気が進まないという方もいるようです。無職でキャッシングするためには、友人や秘書センターを使って仕事があるというのを証明する方法もあります。

在籍証明とは、キャッシング会社が届け出の合った会社に電話をして申込者の在籍を確認することです。そのため、自分以外の人が電話を受けて、電話口には出られないけれど在籍はしていると告げられればいいわけです。

ただしこの方法は正規の手段とはいえませんし、秘書センターを利用すると最終的にバレてしまう可能性も捨てきれません。キャッシングを無職で利用する時は、どうしても必要な時にだけ、最低限のお金を短期間だけ融資を受けるようにしてください。

無職でキャッシングと闇金融

インターネットで、「無職」と「キャッシング」の2つのワードで検索をすると、闇金融サイトに行き着いてしまうことがあるようです。金融業者として正規の登録をしていないにも関わらずお金を貸しているところや、違法な融資を行っているところを闇金融といいます。

闇金融は、無職やブラックリストといった、普通にはキャッシングできない人に甘い言葉でお金を借りさせます。無職とキャッシングのキーワードで検索するとでてくるわけはあるのでしょうか。お金を用意しなければならないのに借り先が見つからないという時は気持ちの上でも切迫しており、融資可能という単語に深く考えずに飛びついてしまう事例が多いようです。

闇金融は、ヤクザや暴力団など非合法組織が関与している場合もあり、単に高金利や違法取り立てに留まらないリスクがあります。定められた日までに返済ができなければ、非常に厳しく取り立てるとも言われています。

闇金融は法律にこだわりませんから、金利設定だけでなく取り立てにも様々な手段を講じてきます。債務者側を保護するための法律は適用されないのです。キャッシングで借りたお金を返そうにも、無職ならお金が入ってきませんので、一層返済が大変になります。

自己破産や任意整理で返済金を整理しようにも、闇金融が相手ではそれらの手続きがまかり通らない場合もあります。闇金融は会社の住所が書面通りでなかったりと、弁護士を頼んでも思うようにいかないことがあるといいます。このようなリスクがあることも承知の上で、無職でのキャッシングを利用することになります。

メニューカテゴリー