キャッシングの利息を計算する方法

キャッシングを利用する時には、利息についての知識が必須となります。金利に基づいてキャッシングした時の利息は決まりますので、キャッシングを選ぶ時には金利のチェックは絶対に行うようにしなければなりません。

一般的に、キャッシングの利息は年率で表記されているようです。お金を一年間借りた場合に、利息がどれだけつくかという決め方をしているようです。1年後の利息は15万円となり、返済総額は115万円となるのが、100万円を年利15%で借りた場合です。

利息の計算は1年間お金を借りっぱなしで、1年後にまとめて返済をした場合ですので注意しましょう。キャッシングで借りたお金は月々少しずつ返していきますから、実際に100万円を年利15%で借りた場合の利息は15万円より少なくなるはずです。

キャッシングの利息は年率で定められていますが、利息の計算は日割りで加算します。毎日411円ずつの利息が加算されていくことになるのが、先ほどの例の場合です。一年間に15万円増える利息を365日で割ると411円になるからです。

元金にしかキャッシングの利息はかかりませんので、加算される利息額も元金を返済していくことで減っていくことを覚えておきましょう。そもそも利息に利息をつけるやり方は重利といい、これは法律違反です。キャッシングしたら早めに返済すことを心がけるようにしまししょう。早く返せば返すほど、利息を少額に抑えることができるからです。

利息の低いキャッシングとは

キャッシング会社からお金を借りて返済する時に借りたお金に加算して返済するキャッシング会社への報酬が、キャッシングの利息といわれるものです。実際に利息がつく割合は、それぞれのキャッシング会社によって違います。

日本では出資法があるため年率29.2%を越えてはいけないことになっています。キャッシングを利用する側からすると、利息が少ないキャッシング会社ほど魅力的です。金融会社をお金を借りるときに決める時は、限度額や返済方法に限らず、貸付を低金利でしているキャッシング会社を探すことが利息節約にとって重要です。

キャッシング会社の系列によって、キャッシング会社の利息は決まることになります。金利が低い傾向があるのは銀行系のキャッシングですが、審査に時間がかかり基準が厳しいようです。少ない利息で利用することができ、一桁台の金利が大半だといいます。

クレジットカードや信販系のキャッシングの利息は比較的高めです。さらに消費者金融系キャッシングも金利は高いといえます。キャッシングの中でも金利が高いところは、審査がゆるいところが多いでしょう。

借りにくい低金利キャッシング会社か、借りやすい高金利キャッシング会社か、使う側の状況によってどちらがより望ましいかはかなり違ってくるのではないでしょうか。

キャッシングの金利と利息の上限

法律で上限が決められているのが、キャッシングの金利というものです。実質年利で貸し付け条件を表示することも法律で定められているようです。少なからずの営業資金を、金融会社は顧客の返済不能リスクや営業ネットワークの整備、契約者に対するサービスのために必要としているといえます。

貸す側と借りる側の間だけで利息を定めていては、キャッシングには利息がつきものとはいえ、関係が一方的になることもあるでしょう。不公平なことが無いように、対策として利息に関する法律が存在しています。

このようなキャッシングの利息を定める法律は、1つは出資法、もう1つは利息制限法と2種類あります。出資法では29.2%を上限金利とし、上限金利を越えると犯罪となって懲役刑や罰金刑が科せられます。

さらに利息制限法は民事上での取り締まりで、18%を越えると越えた契約は無効になるというものです。実はグレーゾーン金利というものがあり、この2つの間にある金利の差のことです。グレーゾーン内での金利で、大半のキャッシング会社ではキャッシングを行っているといいます。

融資をグレーゾーン内で受けたときには、計算を利息制限法の上限利率でしなおすと、返済総額を減額できることがあります。これを過払いといいます。キャッシングの金利に関わる法律については現在もなお見直しや議論が続いているのも事実です。

メニューカテゴリー