キャッシングと法律改正 その1

改正によるキャッシングの変化を知っていますか。クレジットカードやキャッシング融資を受ける人は増えており、これはバブル崩壊や景気の悪化によるものだといいます。各種のローンだけでなく、キャッシングなど個人を対象とした融資が手軽にできるようになったため、多重債務者の問題も深刻化しています。

返済不能による自己破産者が増加していたことには、法律のグレーゾーンによる高い金利での貸し付けが行われてきたことによります。いわゆるヤミ金融の存在も問題のウラにあり、法での規制が求められており、政府は数年前からさまざまな法律の改正を実施してきました。

法律の改正により貸金業規制法も改正され、金利上限も20%になってグレーゾーンもなくなりました。この度の法律改正によって、違法業者などキャッシングに関わる法律に違反した場合の厳罰化も進みました。

今までは出資法により最高29.2%の金利が付けられていたのと比べ、改正後は金利も低くなりました。キャッシングがしやすくなったかといえば、実はそうとも言い切れません。貸しすぎ防止の法律が入ったために、融資が受けにくくなったのです。

お金の借りすぎ防止のための法改正により、法律の制限の範囲内を越える金額を新たに借りることが難しくなりました。これまでは融資を受けることができたところでも、法律の見直しによって借りすぎと判断され新規融資が断られる場合がありますで、キャッシング時は要注意です。

キャッシングと法律改正 その2

法律の改正に伴い、キャッシングの状況も変わりつつあります。新たなキャッシング利用法律改正が2010年6月から適用となりました。利用限度額は年収の1/3をオーバーしてはいけないことが、この法律ではっきりと定められるようになります。

年収の3分の1より多い金額を限度額にすることはできなくなりました。最近では、クレジットカードにもキャッシング機能がつくようになりました。また、カードキャッシングなどて便利にお金が借りられます。近年は景気が底をついており、カードローンやクレジットカードでお金を調達する人が増えています。

複数の借り入れがある多重債務者といわれる人の借り入れ額、つまり借金が毎月の収入額を超えてしまっています。借りたお金を返すあてがないため、違うキャッシング会社から融資を受けて返済にあてるという堂々巡りの対策もあり、法律が改正となりました。

多重債務者を多くしないことが、新たに適用された法律が目指すところとなっています。キャッシング返済を目的に新たなキャッシングをするという事態を法律の規制で回避することで、雪だるま式に借金が膨らまないようにしています。

月収を超える返済を抱え込むのが、多重債務者の共通点といえます。借金による不安や精神的なストレスなどから最悪のケースに至らないよう、今回のキャッシングの利用に際する法律の改正が行なわれたと考えられます。

主婦のキャッシングと法改正

貸金業規制法が改正されることによって、キャッシングがしづらくなると言われています。今まで夫に内緒でキャッシングをしていた主婦にとっては、改正後はかなり難しくなると予想されます。総量規制が適用されることが、法改正の中でも注目すべきポイントです。

借りた人が返すことができる金額までしかお金を貸してはいけないというものです。元々収入のない専業主婦にとっては大変不利な内容です。改正前は主婦でも気軽にキャッシングができ、給料日前などのやりくりに活用していた人も大勢いました。

しかし、法律が改正されてからは、証明書がなければ融資は受けられません。自分自身の収入がない代わり、主婦はキャッシングを使うために夫の収入を証明する源泉徴収票などが必要書類に含まれます。

婚姻を証明するために住民票や戸籍謄本なども必要です。配偶者自身がキャッシングをすることを認めるという文書も必要な書類に含まれます。今では、主婦がキャッシング融資を希望する時は書類を作り審査を受ける、それぞれの手順が手軽さとはほど遠いものになってしまいました。

主婦のキャッシング利用が難しくなったことによって、家の人間には何も言わずに融資を受けていた主婦が破綻することは少なくはなります。主婦がたくさんお金を借りるようにと工夫をこらしていたキャッシング会社にとっては、改正の影響は大きなものです。

キャッシングの利用と法律

現在法律家による、キャッシングなど複数の借金などで悩む方の為の無料相談窓口が多くあります。この頃は、キャッシングの返済に行き詰まったり多
すぎる借金を抱えてしまったなどの相談をするため、弁護士など法律家を頼る人が多くなっています。

何社ものキャッシング会社から融資を受けて返済不能にならないよう、法律によって規制がされることになりました。数多くの会社がキャッシングサービスを提供しています。銀行や消費者金融、キャッシング枠のついたクレジットカードなど、様々なところから融資が受けられます。

各種広告媒体でキャッシングやクレジットは盛んに宣伝されています。興味がないという人でも自然と視界に入ってくるほどです。軽い気持ちでキャッシングができるという点も強調されています。キャッシングを使っている人は、相当数にのぼるようです。

多重債務状態になってしまった時は、無料で相談に乗ってくれる窓口や法律事務所を訪れてみるといいでしょう。債務整理や任意整理、自己破産など、ケースに合った解決方法を法的観点からのアドバイスをしてもらえます。

新たな法律が実施されるようになったのは2010年6月からになります。キャッシングやカードローンに関しては、新たな融資が受けづらくなるのではと言われています。また、何度も借り入れができるというキャッシングの特性に関しても、制約が入る可能性があります。

キャッシング利用の見直しと法律改正

法改正により、キャッシングの貸し付け条件が2010年6月から厳しくなっています。年収の3分の1を越えてはいけないという法律ができました。キャッシング会社などを対象とした貸金業法という法律が2006年に改正され、段階的に適用されているのです。

多重債務者の増加に歯止めをかけるため、法律面での規制がかかったというものです。場合によっては、この法律影響を受けてカードローン融資が受けられなくなったり、クレジットカードがキャッシング使用できなくなることもあるといいます。

今までは、キャッシングとは何度でも使えるという点が顧客に喜ばれてきました。複数のカードローンやキャッシングを常時使っているという人も少なくありません。借り入れ金額の合計が利用者の年収の3分の1を超えていた場合は法律で新たな借り入れが出来なくなりました。

この規制は、キャッシングだけでなくカードローンに対しても行われます。この法律が適用されたことにより、多重債務状態の人が自己破産や債務整理になりやすい可能性があります。弁護士や法律のプロへのキャッシングに関する相談も増えています。

現在は借金などの金銭問題の為の法律家による無料相談窓口や、電話での相談が出来る機関が国や地域、一般の法律事務所などにあります。キャッシングなどを繰り返し毎月の返済などで精神的余裕が無い状態の場合は一度この法律改正をきっかけに専門化へ相談してみてはいかがでしょうか。

メニューカテゴリー